ゲーム内の通貨を入手する方法

このRMT業者が保有している販売のためのゲーム内の通貨を入手する方法については、"他のプレイヤーが持っていたゲーム内の資産を買収したこと"というのがRMT業者が主張して、基本的なトリックがあるが、疑問の間に余地が多い。 BOTの跳梁跋扈が深刻な問題となっているタイトルRMTの蔓延とそれに伴う弊害が、深刻な問題となっている場合が多く、実態を勘案すれば、実際には多くの場合、RMT業者自身がBOTを多く運営し、ゲーム内の通貨を大量生産していると考えるのが妥当だと言うことができます。その他、販売のためのゲーム内の通貨を安易に保証するために、BOTのプログラムと、インスタンス化された狩り場を利用して高速育成する最高レベルのキャラクターと買取のアカウントの高レベルのプレーヤーを使用して、"PvP"を主な目的としている看板を掲げたの組織を作成し、組織的で大規模なプレイヤーキラーを繰り返しながら、最高のプレーヤーとの組織を対象にして、膨大な量のゲーム内通貨の恐喝行為を繰り返し実施している状況を確認するタイトルも。また、"戦争ギルド""戦争血盟"の運営にRMT業者とその顧客が参加することが暴露される結果開き直っ組織を"PKギルド""PK血盟"として公に転換する場合も見られる。後述する様にRMT業者は、暴力団の黒社会など、国内外の反社会的勢力の犯罪組織との関係が噂されている場合もしばしば見られるが、RMT業者の販売のための通貨の確保の手段として、"ショバ代"と"みかじめ料"などの反社会的勢力によるシノギにも通じる方法がオンラインゲームに入っている状態まで見える場合もある。 さらに、いくつかのRMT業者については、"自社の顧客のアカウントには、過去にBAN(アカウント凍結措置)になった人はなくて、安心してRMTができる"と宣伝していると見ることができます。しかし、これは実態から見ると顧客にBANされている場合が多く発生しているので、"BANのリスクは低い"と虚偽のイメージを促進しなければならない状況を逆にする、事実上の詐欺に近い可能性がある。 このようにRMT業者の販売方法は、仕事を追う毎巧みしており、RMT行為を取り締まろしようとしているゲーム運営会社との間でいたちごっこ、現在も続いている。

[PR]

by shosennet | 2010-07-07 18:37