●人気の大作オンラインRPGに直撃!タワーオブアイオン開発者に直撃インタビュー 2009年4月16日の発表会を行ういよいよ具体的なサービスを示しているエヌ・シー・ジャパンの新作オンラインRPG『The Tower of AION(タワーオブアイオン)』。発表会に応じて、日本にあったの開発メンバーに話を聞いてきた。 - ひと足先にサービスが開始されている韓国ではここ数年の"最高傑作"と呼ばれた作品の中で最も成功したタイトルとなっていると思いますが、ポイントになったのはどこだと思いますか? イ・ジホ企画の観点から言えば、まず完成度が上がるまで公開していない、そのMMORPGの基本に忠実に作ったことができる点がユーザーの支持を得たと考えています。 - その後、日本ではどのようなフックと思いますか? 日本の人々と韓国のユーザーは傾向が似ている部分もあるので、そのような部分は、MMORPGの基本に忠実であることで支持を得ることができると考えて、日本では、PCオンラインゲームの数が韓国ほどではないとしているが、簡単に気軽に楽しめるように作っている部分ないかどうかを得るのではないかと考えています。 それ日本に来て見て、個性的なことが多いと思いますが、その近くではキャラクターのカスタマイズで自分なりのキャラクターを作成して、さまざまなクエストを楽しむことができるのがアピールできると考えています。 - 初期の作品を見ていたが、西洋風のファンタジーである、タワーをモチーフになったところがキャラクターに翼があることなどを確認することがあったが、明らかに悪魔風という名前のキャラクターが存在しません。もし、初期の発表では、まだ隠れていたのかもしれないが、天族と魔族の対立など、本作をめぐるイメージはどのように固まって行ったか? ▲参考までに、2006年6月末に発表された作品。 キム・ヒョンジュンのルートからの世界観はずっと天族と魔族という存在があるが、長い開発時間の中で、多くのユーザーからのフィードバックが来て、それにかかっている部分があります。たとえば、魔族は、ユーザーの関心が集まり過ぎてしまい、その想像力を満足するようにしてはいけないでした。元の魔族は、コウモリの翼のような形を設計したが、"魔族を選択したかったが、今ではやだ!"との意見が多く寄せられたため、詳細な形になっています。楽しんでもらうユーザーの好みや何を好むのかを分析し、どの程度適応していく過程でした。 設定上、天族や魔族は、肌の色などの違いがありますが、あまり効果を持つようにされていないか。しかし、最初に天族を公開したが、ユーザー"は、魔族は、どのような存在なのか?"という想像が加速も捨てて、制作には反対だった部分もありますが、現在の形で活動しています(笑)。 - NCsoftの他の製品に比べて、グラフィックチームが、特にこの作品では目標とされたことはありますか? とくに他のタイトルに比べてということはないが、グラフィックチームが目標とされたのは2つあります。まず、私達の次世代の作品と、グラフィックは最高レベルを追求した。同時に、ある程度低スペックのコンピュータで円滑に動作するという指示が表示されたら、結果的にそれらの両立を目指しています。 もう1つは、"美しい"ということ。 "かわいい"とは、いくらかわいくても嫌いな人もいるが、美しいが嫌だという人はあまりないと思っています。従って、すべての人が拒絶を感じない"美"ということを表現しようとしています。また、個人的には、一部の人だけにサポートされている特徴が強いデザインというのはあまり好きではないことです。たとえば、"おどろおどろしい"と。老若男女関係なく、自分の支持してもらえないようなことを目標としています。

[PR]

# by shosennet | 2010-07-06 15:43