タワーオブアイオン(英語:The Tower of AION原題:Aion:The Tower of Eternity)は、韓国のエヌ・シー・ソフト(NCsoft)が開発運営するMMORPG。日本ではエヌ・シー・ジャパンが運営している。略称は、アイオン(AION)。コピーは完成型MMORPG。 天族と魔族と呼ばれる2つの種族が陣営の間で戦う図式で展開される戦争型のオンラインゲームである。様々な職やスキル、アイテムを利用して、互いの陣営を攻撃するPvP(Player vs。Player)することができ、また、羽がテーマで、キャラクターは、空中を飛行することが可能など、鳥、動物などに変身も可能である。 ワールド数は9つ、2009年8月現在、1つのワールド内数が4,000人を超えることも珍しくない。 ゲームシステム 天族と魔族との間のキャラクターの育成に大きな違いはないバランスの面でも同じように構成されており、キャラクターのレベルが10.20.25.30の各レベルに成長したときのプレイすることができる内容に大きな変化が訪れるの仕様になってている。 お互いのマップは自由に行き来することはできず、時々表示される"時空の亀裂"を使ってテレポート移動以外の下のアビスとEpisode1.5に導入された"激戦地ドレドギオン"など、PvPを行うことができます。 アビスは天族や魔族の2種族が種族間抗争(RvR(Realm vs。Realm))のために存在する世界であり、3層が重なっているマップのテレポートNPCに接続された形で存在している。通常の街のあるマップを移動するには、両種族、お互いのマップに3ヶ所の専用空中通路を通って移動する。 空中移動 アビスでは、マップ全体での飛行が可能で、高速飛行中、3次元の空中戦を行うことができるようになっている。 龍族龍族は天族、魔族に対抗する第3の勢力。 RMTアイオンは、課金が時間従量制と日数内無制限制の2つに分かれている。 30日の間に接続可能時間100 - 300時間までの従量制課金、最大90日間のアクセス制限を2種類、従量制の料金は100時間と300時間の2種類を選ぶことができます。このうち、予約決済の形でお支払い可能なのは、90日間、無制限にして、従量制の料金でご予約のお支払いは不可。 決済は、すべてのplayncサービスス共通のカイモ決済で開催される。 請求額については、2009年7月28日4Gamer.netの記事で、"他のオンラインゲームに比べて高価な料金設定は、ユーザーの不満を持って来ている姿"に選ばれた。

[PR]

# by shosennet | 2010-06-29 17:43